【 比喩 】壺を一杯にする深い話

こんにちわ。カツです。

 

今回は、壺を一杯にする深い話というテーマで書いていきたいと思います。

 

壺を一杯にするために、

まず壺に大きな石を入れていきます。

 

すると、やがて壺は大きな石で満たされます。

これって壺は一杯なのでしょうか?

 

いえ、まだ小さな石を壺に入れていくと大きい石の隙間に入っていきます。

そして、やがて小さな石も一杯になります。

 

これでやっと壺は一杯になりましたか?

いえ、まだです。

 

こんどは小さな砂利を壺に入れていきます。

すると大きな石と小さな石の隙間に砂利が入っていきます。

やがて壺一杯に砂利が入ります。

 

ふ~、やっと壺が一杯になりましたね。

いえ・・・まだなんです。

 

今度は砂を壺に入れていきます。

すると、砂が大きな石と小さな石と砂利の隙間に入っていきます。

やがて、砂が壺一杯に満たされます。

 

しつこいですが、まだ一杯ではありません。

 

最後に水を壺に注いでいきます。

残った隙間に水が入っていきます。

やがて、壺は一杯に満たされます。

ふ~、疲れました。

 

実はこの話には大きなテーマがあります。

それは”人生”です。

 

この大きな壺は人生なんです。

 

入れた物は、あなたが人生に求めているもの。

大きな石は大切な大きな夢。

小さくなればなるほど、小さなものになっていきます。

 

この話は大きな石から壺に入れ始めました。

ですが、もし、水から壺に入れていった場合どうなったでしょうか??

 

壺は水という、あなたにとってたいしたものではないことで満たされ、

あとのものは一切入らなくなってしまうでしょう。

 

自分はこの話を聞いて、はっとしました。

 

自分の人生を振り返った時に、

人生という壺に、

くだらないものばかり入れてなかっただろうか・・・って。

 

大切なことは、大きな石から壺に入れていくことです。

 

あなたにとって大切な夢から入れていくんです。

 

そうしないと、

その大きな夢があなたの人生に入ることはありません。

 

一度、あなたの人生の壺の中身をのぞいてみてください。

何で満たされてるでしょうか??

 

もし、たわいもないもので満たされていたら、

入れる物を変えていきましょう。

今からでも全然遅くないですよ。

 

でわでわ!(^^♪

 

無料でAmazon電子書籍の絵本とPDFレポート、無料動画セミナーがもらえます

 

自分は大手の電子部品メーカーの現場監督をやっていました。

給料は悪くはなかったんですが、

 

  • 人間関係のストレス
  • 仕事の責任が重い
  • 上司が理不尽
  • 数字に追われる

 

日々、このような悩みを抱えていました。

これが定年まで続くかと思うと背筋に寒気がしていました。

 

それから会社を退職し、インターネット上に「仕組み」を作って

お金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

 

など、ブログでは書ききれない情報をお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、

① 人生の時間について描いた「電子書籍」の絵本『風子の時間 Fuko’s Time』

② 自分のこれまでの社会人経験を告白した『PDF レポート』

③ これからの働き方 & 仕組みの解説 の無料動画セミナー

④ ビジネス入門セミナーなど、その他動画セミナー4つ

⑤ 無料skype 1時間

⑥ ビジネス改善で使えるQCストーリーフォーマット(EXCELファイル)

などがもらえます。

 

電子書籍は、通常795円でkindle出版のところ、

期間限定で無料配布しています。

↓↓↓ ぜひこちらから受け取ってみてください。(クリック)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です